安全スローガン

安全標語と安全スローガンの関係

安全スローガンと安全標語は共に安全に関するフレーズのことを言いますがその違いは何なのか?改めて考えてみたいと思います。

 

「安全」部分については同一なので、スローガンと標語の違いということになります。一般的な解説ではスローガンは標語の一種であって特に宣伝的なものをいう、とありますが、企業の現場ではどうでしょう。以下、引用を見てみましょう。

 

平成16年度「安全スロ-ガン」応募作品・川崎市空調衛生工業会 安全委員会より引用
1. 無災害 こころに刻んで 安全作業
2. ひとりより みんなで築く 無災害

陸上貨物運送事業労働災害防止協会・全国陸上貨物運送事業労働災害防止大会・安全衛生標語入賞作品一覧より引用
・ハットした・ヒヤットしたその瞬間 教訓活かして 安全運転
・ハットした経験生かし危険予知 プロなら当然 安全運転

 

安全標語と安全スローガンの作成

 

上記の安全標語と安全スローガンを見て気付くことは、標語の方は5・7・5調で読みやすく親しみ易いのに比べ、スローガンの方は語調もあることながら短くストレートに訴えている観があります。また標語の方は一人一人に具体的に語りかけているのに対してスローガンの方は全員を統率するような感じないしは上から目線的なものを感じますがいかがでしょう。自身の職場では、安全標語と呼ばれるものが事務室や休憩室などに掲示されているのに対して、安全スローガンは作業現場に掲示されています。安全標識と一緒に掲示されている例もありました。思えば危険な現場にあっては悠長な語りかけは禁物で、命令的なものの方が良いに決まっています。

 

従って、安全スローガンは現場にビシッと打ち込むフレーズであるべきで、安全標語は一息ついた従業員の心に語りかけるものということになるようです。このように考えると、安全標語やスローガンの募集に対する対応として、まずは安全標語を複数作り、その作品に一貫する心を安全スローガンにまとめるというのも一つのノウハウかと思います。こうすると、標語とスローガンが一度に出来上がります。

 

また、他人の秀逸な安全標語にまずたくさん目を通し、傾向の似通ったものを選択し、それらの作品に一貫する心を安全スローガンにするという、スローガン作成法ありかと思います。是非、お試し下さい。